LEDって色調や明暗を変えられるものがあるんだって!交換できる照明器具もあるよ!


色調や明暗を変更できるタイプ

白熱電球と言えば電球色しかなく、蛍光灯に関してもそれぞれの色調のものを取り付けるとそれぞの色調でしか使えません。リビングにおいて食事をするときは電球色、仕事をするときは昼光色にしたいときは蛍光灯をその都度交換するしかありませんでした。LEDを使った照明においてはこれらの悩みを一気に解決できるものがあるので選んでみると良いでしょう。

まず調光を変更できるタイプがあり、電球色や昼光色などをボタンで選ぶと希望の調光にできます。食事の時、仕事の時、読書の時などで適切な調光に簡単に変更できます。それ以外には明暗の変更ができるタイプがありリラックスしたいときは暗めにしてスッキリしたいときは明るくするなどが可能です。こちらもボタン操作でできいくつかの段階から好きな明るさを選べます。

交換して使いたいときはどうするか

天井に取り付ける照明としてシーリングライトがありますが、LEDタイプは照明器具に固定されているので切れれば照明器具を丸ごと交換しなければいけません。LEDの寿命が長いため蛍光灯を交換して使うのと同じくらいのコストになりますが、気分的に丸ごと交換するのに抵抗を持っている人もいるでしょう。LEDを使った照明でしかも切れたときに交換したいのであれば蛍光灯や電球を取り付けるタイプの照明器具を利用しましょう。そして電球ソケットにはLED電球をいれ、蛍光灯をはめ込むところには蛍光灯の形をしたLEDを取り付けます。もしLEDが切れたとしてもその部分だけの変更でよく本体はそのまま使い続けられます。気に入った照明器具を長く使いたい人に向いている使い方です。

LEDライトパネルは明度が高く、光が拡散しにくいので日中でも明るく照らすことができます。非常に目立ちやすいので商品やサービスの宣伝に最適と言えるでしょう。維持コストが低いのも看板として優れている点です。